LifeKeeper Single Server Protection の管理

LifeKeeper Single Server Protectionでは、運用中の管理は不要です。LifeKeeper Single Server Protectionは自動的に動作して、保護対象のリソースを監視し、障害が発生した場合には指定されたリカバリーアクションを実行します。次の場合には、LifeKeeper Single Server Protection GUIを使用してください。

  • リソースおよび階層の定義 。LifeKeeper Single Server Protectionは、次のインターフェースオプションを提供します。

      º LifeKeeper Single Server Protection GUI
      º LifeKeeper Single Server Protection コマンドラインインターフェース。
  • リソースの監視。 LifeKeeper Single Server Protection GUIから、リソースのステータス情報およびLifeKeeper Single Server Protectionログにアクセスできます。
  • 手動による介入。 メンテナンスまたはその他の管理作業のために、サーバーまたは特定のリソースを停止する必要がある場合があります。LifeKeeper Single Server Protection GUIには、特定のリソースをIn ServiceまたはOut of Serviceにできるメニュー機能があります。アプリケーションがLifeKeeper Single Server Protectionの下に配置されると、これらのアプリケーションはLifeKeeper Single Server Protectionインターフェースを介してのみ起動および停止することができます。LifeKeeper Single Server Protectionの起動と停止は、コマンドラインからのみ実行できます。

リソース階層の作成など、管理、設定および保守操作の詳しい手順については、SPS for Windowsドキュメントのメンテナンス作業 を参照してください。

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信