プライマリサーバ上

  1. [Windows ディスク管理] ツールを使用して、ディスクリソースを設定し、使用したい複製ボリュームを定義します。(ボリュームは適切なサイズにしてください。)
  1. Windows エクスプローラ を使用して、SQL Server によって使用されるすべてのボリュームをネットワークから共有解除します。
  1. ネットワークを、SIOS Protection Suite TCP/IP コミュニケーションパスと切り替え可能な IP アドレス (該当する場合) をサポートするように設定します。
  1. SIOS Protection Suite Core ソフトウェア、SIOS Protection Suite SQL Server Recovery Kit の順にローカルディスクにインストールします。
  1. SIOS DataKeeper ソフトウェアをローカルディスクにインストールします。詳細については、 SIOS Protection Suite for Windows インストレーションガイド を参照してください。
  1. LifeKeeper GUI を使用して、プライマリサーバとバックアップサーバの間のコミュニケーションパスを作成します。
  1. SIOS Protection Suite で IP コミュニケーションパスを作成し、それらをバックアップサーバに拡張します。その後、SQL Server リソース階層を作成するときに、SIOS Protection Suite は依存関係に従ってこれらのリソースを自動で階層内に移動します。

注記: SQL Server 階層が作成されるとき、SIOS DataKeeper リソースは自動的に作成され、依存関係に従って SQL Server リソース階層に移動されます。

バックアップサーバ上

  1. LifeKeeper GUI を使用して、ボリュームリソース階層をサービス開始の状態にします。
  1. 以下のガイドラインに従って、Microsoft SQL Server をインストールします。

・追加の機能と共に、データベースエンジンをインストールします。インスタンスデータとログファイルを、SIOS Protection Suite によって保護されているボリュームに格納されるように設定します。

・「 混合モード 」のデータベース認証を選択し、SA アカウント用の空白でないパスワードを入力します。パスワードは、クラスター内のすべてのサーバーで同一にする必要があります。

  1. インストールが完了したら Microsoft SQL Server Configuration Manager を使用して、バックアップサーバ上で SQL Server が正しく起動されるかどうかを確認します。バックアップサーバ上の Microsoft SQL サービスをすべて停止してください。


注記: 複製ボリュームの場合、 SQL tempdb データベースを SIOS Protection Suite で保護されていないボリュームに移動してパフォーマンスを改善することもできます。

  1. Microsoft SQL Server を、バックアップサーバとまったく同じ方法でプライマリサーバにインストールします (プログラムファイルをローカルディスク、データファイルを複製ボリュームにインストール)。
  1. インストールが完了したら Microsoft SQL Server Configuration Manager を使用して、プライマリサーバ上で SQL Server が正しく起動されるかどうかを確認します。

注記: データファイルが複製ボリュームにインストールされた場合、_SQL tempdb_ データベースを SIOS Protection Suite で保護されていないボリュームに移動してパフォーマンスを改善することもできます。

プライマリサーバ上

  1. プライマリサーバ上で、 通信リソース をサービス中にします。
  1. プライマリサーバ上で SQL Server サービス を開始します。
  1. プライマリサーバ上に SQL Server 階層 を作成して、バックアップサーバに拡張します。 ボリュームリソースの拡張 処理中に、 作成された複製のミラー を選択し、 [次へ] を選択してウィザードを終了します。設定はこれで完了です。詳細については、SQL 階層の作成 を参照してください。

手動でフェイルオーバを実行し、新しい SQL Server 階層 をテストしてください。

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信