この操作によってターゲットシステム上のボリュームがロックされ、ミラーリングプロセスが再開されます。

ミラーの一時停止中、ソースシステムに対する書き込みは SIOS DataKeeper インテントログ に記録されます。 再開 / ロック 処理を実行すると、これらの変更されたブロックは、ターゲットボリュームで変更されたブロックとともにソースからターゲットに送信され、ミラーは部分再同期 と呼ばれる方法で再同期されます。

警告: ロック解除中にターゲットボリュームに書き込んだ内容はミラーを再開すると失われてしまいます。また、一時停止およびロック解除中にターゲットシステムで再起動またはシャットダウンを実行すると、再開 / ロックが実行された場合に完全再同期が行われます。

注記: ターゲットボリュームを 再配置 する場合は、ミラーの 中断 または ミラーの削除 のいずれかが、つまりミラーの再開およびロックの代わりに 再同期 または 再作成 が必要です。詳細は ターゲットの再配置 を参照してください。

  1. 再開したいミラーを含むジョブを選択します。
  1. ジョブの上で右クリックし、 [全ミラーの再開 / ロック] を選択するか、または [操作] パネルから [全ミラーの再開 / ロック] を選択します。
  1. [はい] を選択し、選択したジョブですべてのミラーの再開とロックを実行します。
  1. [ミラー概要] ウィンドウで、ミラーの状態が [ミラーリング] に変わります。

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信