LifeKeeper で OpenJDK をデプロイする


  • https://openjdk.java.net/ から、Windows x64 インストーラーの OpenJDK をダウンロードします。

  • 最初に、ターゲットノードにソフトウェアをデプロイします。

  • LifeKeeper で、スイッチオーバー/サービス開始 を実行します。

  • スイッチオーバーが完了した後、他のターゲットで上記の手順を繰り返します。


コマンドプロンプトで以下を実行します
 
javac -version と入力します。
 
以下のように出力されます。
 
"C:\Windows\system32>javac -version javac 14.0.1"
 
上記のように出力されない場合は、システム変数 PATH/environment に以下を追加する必要がある場合があります。
 

  • コントロールパネル\システムとセキュリティ\システム\システムのプロパティ(システムの詳細設定)\
  • [詳細設定タブ] を選択します。
  • [起動と回復] を選択します。
  • [環境変数…] を選択します。
  • [Path] を選択し、次に [編集] を選択します。

以下の例のように、文字列に C:\Program Files\Java\jdk-14.0.1\bin を追加します。

C:\Program Files (x86)\Common
Files\Oracle\Java\javapath;SystemRoot%\system32;%SystemRoot;%SystemRoot%\System32\Wbem;%SYSTEMROOT%\System32\WindowsPowerShell\v1.0\;C:\Program
Files\Microsoft SQL Server\Client SDK\ODBC\110\Tools\Binn\;C:\Program Files (x86)\Microsoft SQL Server\120\Tools\Binn\;C:\Program Files\Microsoft SQL Server\120\Tools\Binn\;C:\Program Files\Microsoft SQL Server\120\DTS\Binn\;C:\Program Files (x86)\Microsoft SQL Server\120\Tools\Binn\ManagementStudio\;C:\Program
Files (x86)\Microsoft SQL Server\120\DTS\Binn\;C:\Program Files\Java\jdk-14.0.1\bin

クラスタ内のすべてのノードで上記の手順を実行します。



クラスタ化された DataKeeper リソースにミラーを再作成する


問題:

Windows Server フェールオーバークラスター 上で DataKeeper リソースがオフラインとして表示される問題があります。

解決策:

  • ソースおよびターゲットノードからすべての古いミラーを削除してください。
  • emcmd . createmirror コマンドを使用して手動でミラーを再作成してください。



両ノードからミラー構成を削除する

  • cd %extmirrbase%/support と入力してください。 (DataKeeper\Support ディレクトリへのショートカットです。)
  • cleanupmirror (ドライブレター) を実行してください。 注記: 最初にソース側でこのコマンドを実行してください。 このコマンドは以下を実行します。
    • ミラーの構成が削除されます(ボリュームのデータは保持されます)
    • スイッチオーバフラグをリセットします
    • ドライバおよびサービスに対してミラーがないことを通知します


ミラーが正常に削除されたことを確認するため、下記を実行してください。

  • cd %extmirrbase% と入力してください。(DataKeeperディレクトリへのショートカットです。)
  • emcmd . getmirrorvolinfo (ドライブレター) を実行します。
    出力結果からミラーがないことが分かります。例). 0 サーバー名 0



手動でミラーを再作成する

構文は下記の通りです。

  • emcmd (ソース IP) createmirror (ドライブレター) (ターゲット IP) A または S
    • 同期ミラーの場合は S、非同期ミラーの場合は A

その後 DataKeeper UI が「再同期」のステータスを表示します。なお、下記のコマンドを実行することで確認することもできます。

  • emcmd . getmirrorvolinfo e

出力結果は E: 1 サーバー名 (ターゲット IP) 2 となり、2 はミラーが「再同期」のステータスであることを示しています。
フェールオーバークラスタリングに戻って、オフラインになっていた DataKeeper リソースをオンラインにしてください。


フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信