1. ミラーが ミラーリング の状態になるまで待ちます。
  1. 空のアプリケーション を作成します。
    • Microsoft Windows Failover Cluster GUI を開きます。
    • [サービスとアプリケーション] の上で右クリックします ( Windows 2012 では、 [役割] の上で右クリック)。
    • [その他のアクションを展開] へ。 ( Windows 2012 では不要)。
    • [空のサービスまたはアプリケーションを作成] を選択します ( Windows 2012 では、 [空の役割の作成] を選択 )。
    • 新しく作成されたサービスの上で右クリックし、 [プロパティ] を選択します。
    • 空のアプリケーションを DataKeeper サービス に名前を変更します。
  1. 空のアプリケーションにリソースを追加します。
    • [DataKeeper サービス] の上で右クリックします。
    • [リソースの追加] を選択します。
    • [その他のリソース] から [DataKeeper Volume の追加] を選択します。
  1. 新しく追加されたリソースの [プロパティ] を開き、 [リソース名] を「 DataKeeper Volume E 」(E ドライブを示す) のような別のわかりやすい名前に変更します。 [DataKeeper Volume パラメータ] タブを選択し、リソースとドライブレター (上記の例の E) を関連付けます。すべてのミラーボリュームのリストが表示されます。このリソースで管理するボリュームを選択します。
  1. リソースの上で右クリックし、 [オンラインにする] を選択します。DataKeeper Volume リソースがオンラインになったことを必ず確認してください。 注記: オンラインの状態になったリソースはロック解除されます。オフライン状態になったリソースはロックされます 
  1. WSFC で保護する他のすべての DataKeeper Volume に対して、 手順 3 および 4 の操作を繰り返します。
  1. 次の手順でリソースを使用可能記憶域に移動させます。
    • [サービスとアプリケーション] タブを展開します。
    • 先ほど作成した DataKeeper サービスを選択し、リソースをメモします
    • メイン画面からリソース (すなわち DataKeeper ボリューム E) を選択します。
    • 右クリックして [DataKeeper サービスから削除] を選択します。この操作で、リソースが 使用可能記憶域 に移動します。
    • 他のすべてのボリュームに対してこの操作を繰り返します。
  1. 手順 2 で作成した空のアプリケーションを削除します。

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信